麻雀クラブ.J-BOY.ジェイボーイ.磐田店.浜松店.は明るい麻雀荘です.セット.フリー麻雀.がいつでも、どなたでもお気軽にご利用いただけます!

J-BOY磐田店

イベント情報

イベント情報

第42回 Jボーイカップ決勝戦

2018/09/14

bandicam 2018-09-14 13-14-36-423.jpg

da

イベント情報

第41回 Jボーイカップ決勝戦

2018/02/15

bandicam 2018-02-15 16-01-35-521.jpg

イベント情報

第40回Jボーイカップ決勝戦

2017/09/11

Jボーイカップ2017夏磐田決勝.jpg

イベント情報

第39回Jボーイカップ決勝戦

2017/02/21

Jボーイカップ2017冬決勝磐田.jpg

1st stage(1、2回戦)
今大会は、予選上位者3名に5,000点のアドバンテージでスタート、しかし1回戦を終えてみると5万点越えは神山さん1人でその他は大きく離された人も少ない。予選2回戦を見据えての大会常連者が多く出場していることも納得がいきます。1回戦23位で終えた宮内さんが5万点オーバーのトップを取り準決勝進出、失うものが無いとばかりに攻めた結果が出る!最後まで諦めなければという強い気持ちが多くの方々から感じられました。アドバンテージがあった3名も見事通過、予選上位通過というプライドが彼らを後押ししたであろう。予選トップ通過はトータル9万点オーバーの米村さん、16位で通過は八木さん17位とはわずか300点差。僅差とはいえ準決勝進出16名が決定した!!

2nd stage(準決勝戦)
A卓 松浦さん・嶋崎さん・米村さん・小嶋さん

予選トップの米村さんの勢いを誰がかわすかと思われる中、リードしたのは嶋崎さん連続アガリで独走状態。松浦さんも虎視眈々と機会をうかがうも、ここに待ったをかけたのが小嶋さんジワリジワリと差をつめてオーラスアガリトップの状況をつくる。そして小嶋さんが鳴いて先手を取り5-8萬の聴牌を取る。嶋崎さんもここは真っ向勝負1シャンテンからドラ切りなどするが小嶋さんがツモ和アガリ 勝負あり!優勝経験2回の意地が勝った対局でした。
B卓 桐部さん・神山さん・大場さん・西尾さん

攻守のバランスの揃った顔ぶれでしたが、神山さんが連続失点の中リードするのが大場さん。鳴いて先手を取り相手のチャンスをつぶし、確実にアガリをひろう。スピードだけでなく打点のあるアガリはまさに理想通りの展開、桐部さんもリーチをかけ攻めるがなかなかトップ目の点数を削れない。オーラスでは西尾さんが意地のメンホンリーチをかけるが流局、ゲームメイクが光る対局だった。

C卓 青山さん・宮内さん・川島さん・村松良さん

日頃、攻撃面の強い顔ぶれの中で村松良さんが先手を取る。メンゼンを基本とした重い打ち方がいい方向に向き、一発ツモで跳満をものにしてトップ目で南入する。しかしそれ以上に攻めたのが青山さん。相手の気持ちを折るかのように村松良さん・川島さんから出アガリし点棒を積み上げる。さらにラス前に一番のライバル村松良さんから満貫直撃を決め勝負あり。このアガリには周りにいたギャラリーからも歓声が沸いた。

D卓 服部さん・田中芳さん・稲垣さん・八木さん

バランス型の3人に稲垣さんの攻撃スタイルが通じるか?麻雀スタイルがハッキリ分かれる顔ぶれの中、稲垣さんの連続放銃そして5本も積み上げたのは八木さんと服部さん。11局トップが入れ替わる中、田中芳さんもチャンスを伺っていたが服部さんに満貫の放銃そして次局、服部さんが満貫をツモアガリ稲垣さんがジエンド。連続アガリをものにした服部さんが八木さんをかわして決勝進出を決めた!

Final stage(決勝戦)

決勝に勝ち上がったのは、服部さん・青山さん・大場さん・小嶋さんの4名。ここでは服部さんと小嶋さんが優勝経験者である。多くの   

参加者が見守る中闘牌が始まる。序盤では無理な仕掛けもなくお互いを牽制し合う4人、東3局大場さんに絶好の聴牌が入る。3面張で平和高め三色・赤々普段なら即リーもあり得る手牌、確実にアガリを狙い下家の青山さんから3,900点は5,400点を出アガる。次局、小嶋さんから早いリーチが入る。リーチ・ツモ・赤・裏の満貫ツモでトップ目に立ち南入りへと進んでいく。この2局に点差以上の開きを感じたのは私だけではなかったはずです。その後服部さん・青山さんに苦戦するも場の状況をしっかり見据え牌を絞りながらも聴牌を拾い終盤へ。そしてトップ目の小嶋さんは最後まで自らアガリきり見事三度目の栄冠を手にしたのである。大舞台でも臆することなく主導権を離さなかった小嶋さんに脱帽です。

 

39回Jボーイカップ優勝 小嶋高史さん おめでとうございます!!

イベント情報

第38回 Jボーイカップ決勝戦

2016/09/14

Jボーイカップ2016夏決勝.jpg

9月4日(日)、予選期間のポイント上位24名による大会決勝戦が行われました。

予選参加人数148名の中から選ばれし勇者達、その頂点の立つのは・・・・。

13:00、1st stageが始まった!

1st stage (1,2回戦)

大会ルールによってシード(予選上位4名)を除く20名の中から、持ち点合計上位12名を選抜する

半荘2回戦。

静寂と緊張が漂う中、早々と終了を告げる卓、又制限時間によって終了する卓。前回優勝の川島さん、

優勝経験二回の小嶋さんなど歴代優勝者も

1st stageで敗退という波乱の中、予選一位通過は二回戦目に国士無双を和った加藤治さん

でした。

 

2nd stage (準決勝戦)

予選シード4名と1st stage上位12名による各卓トップのみが決勝進出を決める2nd

 stage。

B卓・・・・服部さん(シード)、加藤治さん、戸塚彰さん、大場さん → 加藤治さん

C卓・・・・石橋さん(シード)、神谷さん、内山さん、米村さん → 石橋さん

D卓・・・・松井康さん(シード)、島津さん、原田さん、白井さん → 松井康さん

E卓・・・・桐部さん(シード)、渡辺守さん、鈴木晃さん、渡辺圭さん → 渡辺守さん

 

 

Final stage (決勝戦)

決勝に勝ち上がったのは加藤治さん、石橋さん、渡辺守さん、松井康さんの4名。加藤治さんは決勝卓

初進出でした。

東一局、渡辺さんの1,000点和りから闘いが始まった・・・。

ここまでの勢いそのままに加藤さん、続いて松井さんの和りをむかえての東ラス、親の渡辺さんが

四暗刻聴牌が入るが、無情にも切り牌が放銃牌に。

親の連荘・高打点を許さない他家。麻雀の真髄を見た場面でした。南2局ドラが暗刻の親松井さん

役牌の東と中も次々と重なり着々と進行する中、

2着目の北家さんはタンピン形の1シャンテン、上家渡辺さんの7ソウをタンヤオで仕掛ける、

松井さんもすかさず鳴いて役牌のWバック、加藤さんはフリテンながらも3面張。

石橋さん、渡辺さんは慎重に局面をも見守り、役牌は簡単に捨てきれない中加藤さんが力強く2マン

ツモ!!トップ松井さんの独走を許さない"タンヤオの和り"。

加藤さんの闘志が滲み出た局面でした。南3局で満貫をツモ和りトップ目加藤さんで迎えたオー

ラス、2着目松井さんとの差はわずか2,400点。

そのような僅差の中序盤から役牌を副露するトップ目加藤さん、虎視眈々と逆転を狙う松井さん、

跳満直撃で2着になる石橋さん、ラス親で連チャン狙いの渡辺さん、

また、多くのギャラリーが最終決着を見守る中、最終的に松井さんから4ピンを和ってトップ加藤

さんが逃げ切りで初進出・初優勝となりました。

 

 
 

あとがき

麻雀には常に「判断力」「決断力」が求められます。今日、優勝の加藤治さんは

1st stageから素晴らしい「判断力」「決断力」で見事勝者になりましたが、

決勝戦という舞台を汚さないために

"大事に牌選択をしていた方々" "お互いの健闘を称え合う方々" "勝者に拍手を送る

方々" そんな皆様の紳士たる「人間性」によって本大会も素晴らしい内容となりました。

 

麻雀道の勇者達』この言葉を出場した全てのプレーヤーに捧げたいと思います。

そして優勝した加藤治さん、本当におめでとうございます!!


ページの先頭へ


HOMEトップページ  > J-BOY磐田店  > [磐田店] イベント情報・お知らせ  > イベント情報
J-BOY 磐田店

J-BOY 磐田店

〒438-0071
静岡県磐田市今之浦4-21-6
TEL : 0538-37-5252

>> 店舗紹介はこちら

J-BOY 浜松店

J-BOY 浜松店

〒433-8123
静岡県浜松市中区幸5-6-8
TEL : 053-472-4774

>> 店舗紹介はこちら


トップページJ-BOY磐田店J-BOY浜松店ルール・マナー料金・特典メールマガジンFC加盟店募集スタッフ募集よくあるご質問 | リンク | お問い合わせプライバシーポリシー